受験者が多い|興学社高等学院で社会的スキルを身に付かせる|人生のための勉学

受験者が多い

女性

危険物取扱者という資格試験では様々な危険物を取り扱う業務に携わる人にとっては欠かすことができないものであり、必須といわれる。その中でも受験者が突出して多いのが危険物乙4である。 危険物乙4は引火性液体、つまりガソリン、灯油、軽油、エタノールなどが対象となる。ガソリンスタンドに勤務する人やタンクローリ運転手など、この関連業務に就くためにこの危険物乙4の資格が必須のため、受験者が特に多いと思われる。そのため、この危険物乙4に関する資格試験に向けた問題集などの教材の数も多い。よくテレビCMでも見かける通信講座でも危険物乙4はあるくらい多くの人が受験するのである。そのため、試験の回数も他の危険物関連の資格試験より多い。

受験者が多いからといって必ずしも取得するのが易しいというわけではない。試験の合格率は平均して40パーセント前後にとどまっているからである。これは簡単な試験と見ていた受験者もいるのかもしれないが、あくまでも国家試験であり、数学や物理の知識も必要であるため、十分な準備が必要だからである。 逆に数学や物理と聞いて、二の足を踏む人もいるかもしれないが、危険物に限らず意外に数学の知識を必要とする国家試験は少なくないのも事実である。そのため、この危険物乙4をきっかけに数学や物理に再度トライしてみようという前向きな姿勢も必要といえる。 他の資格試験と同様、基礎をしっかりと身につけ、過去問題などをしっかりとこなすことができれば、合格も近いのではないかと思われる。